Wi-Fiルーターの最適な置き場所はどこ?設置場所を決めるときのコツについて紹介!

kasuryo

Wi-Fiルーターはどこに設置場所すべき?

という人向けに今回はWi-Fiルーターを自宅やオフィスに設置するときの「注意点」と「場所の決め方のコツ」をまとめました!

オフィス、戸建住宅、マンション・アパート…、どこに設置する場合にも参考になるはずです。

オススメのWi-Fiルーターについてはこちらの記事を読んでください。

【まとめ】おすすめのWi-Fiルーター比較!一人暮らしとマンションの選び方は?

Wi-Fiルーターの設置場所  7つのポイント

POINT1.他の家電製品から離す

電子レンジ内の電磁波の周波数は、Wi-Fiの周波数帯域と重なることがあります。つまり、電波同士がケンカ(干渉)してしまい、通信速度が遅くなってしまう場合があります。

POINT2.床に直置きしない

床に直接Wi-Fiルーターを置くと、床に電波が反射して広がりにくくなる場合があります。

POINT3.理想は高さ1〜2mの位置に置くこと

できれば、高い位置にWi-Fiルーター設置しましょう。
ただし、うっかり落ちて壊れることのないように固定しておくのが良いですね。

POINT4.水槽の近くに置かない

意外と近くに置いてはいけないものが「水槽」です。Wi-Fiの電波は、水中を通り抜けていくのが難しいのです。

POINT5.まわりに物があるところに置かない

周囲が囲まれたラックや棚の中に置くと、電波が遮られてしまい、広がりにくくなってしまいます。 また、他のモノと近づけすぎると、Wi-Fiルーターの熱が逃げにくくなる可能性もあります。熱がこもることは、速度低下の原因になり得ます。できるだけ周りにものを置かないようにしましょう。

POINT6.布やカバーを被せない

(これは設置場所ではないですが)Wi-Fiルーターに布やカバーはかけないようにしましょう。熱がこもりやすくなります。

POINT7.部屋の角に置かない

電波はWi-Fiルーターを中心として、周囲に広がっていきます。そのため、部屋の角に置くと、完全には電波の広がりを活かせないわけですね。 理想的なのは、周囲に広がりやすいように部屋の中心に置くことです

kasuryo

ひとまずは色々な位置に置いてみて、どこが一番使いやすいかを試してみると良いかもしれませんね。また、家が広くて、繋がりにくい部屋がある場合には、中継器を設置してみるのも1つの手です。コンセントに挿すだけで、Wi-Fiが届く範囲が広くなりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です