【手順解説】ColorfulBox(カラフルボックス)でWordPressサイトをSSL化する方法

kasuryo

レンタルサーバーの「ColorfulBox(カラフルボックス)」っておすすめ?使った人のレビューが知りたい!
という人のために、ColorfulBox(カラフルボックス)でWordPressサイトを常時SSL化(リダイレクト設定)する設定を紹介します。

そもそも、SSL化とは?

SSL化とは、簡単にいうとURLの先頭を「http://→https://」にして、パソコンとサーバ間での通信データを暗号化してやりとりすることです。

kasuryo

セキュリティとして、今やサイトを運営するなら必須ですね

カラフルボックスでは、ドメインを追加すると自動で独自SSLの設定をしてくれます。この設定ができていると「https://~」始まるURLでサイトにアクセスできるようになります。

SSL化されているか確認しましょう!

WordPressの管理画面にログインし、左メニューの「設定>一般」をクリックします。

一般設定のページが開いたら、

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

「https://~」になっているか確認します。(WordPressインストール時に「https://~」を選択していると、なっていると思われます。)なっていたらそのままで大丈夫です。

もしなっていなかったらhttpの後に「s」を付け足して、一番下の変更を保存をクリックします。これでWordPress側の確認は終わりです。

kasuryo

次はカラフルボックスの「サーバー側のSSL設定」を確認します!

まずカラフルボックスの「コントロールパネル(cPanel)」にログインします。

MEMO
cPanelへのログインURLは、カラフルボックスから届いている「[カラフルボックス]サーバーアカウント設定完了通知」というメールに記載されています。

cPanelのユーザー名・パスワードも同じメールに載っているので、合わせて確認してみて下さい。

ログインできたら少し下にスクロールし、ソフトウェアの中の「Installatron Applications Installer」をクリックします。

cPanelのユーザー名・パスワードも同じメールに載っているので、合わせて確認してみて下さい。

設定するWordPressサイト(=ドメイン名)の右側の「表示 / 編集詳細」と表示されるボタンをクリックします。

「高度な」のタブを開き、「場所のURL」「https://」から始まっているか確認します。「https://」だったらそのままでOKです。

なっていなかったらhttpの後に「s」を付け足して、一番下の「全て保存」をクリックします。

kasuryo

ここまでできていれば、SSL化自体は終わっています!次は常時SSL化の設定をしていきます。

常時SSL化の設定しましょう!

次はワードプレスで設定をしていきます。

ワードプレスの管理画面にログインしたら、左メニューの「プラグイン>新規追加」をクリックします。

右上の検索ボックスに「Really Simple SSL」と入力すると、その名前のプラグインが表示されるので「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了するとボタンが「有効化」に変わるので、これをクリックします。

この画面が開いたら「はい、SSLを有効化します」をクリックします。これで常時SSL化の設定が完了です。

ブラウザの上の検索窓に「http://」を付けた自分のドメインを入れて「Enter」を押します。すると自動で「https://」から始まるページが表示されるはずです。このように表示されれば、常時SSL化の設定ができています!

以上で常時SSL化が完了です。

その他のWordPressインストール後の設定は【初心者向け】WordPressインストール後にやっておくべき設定!をよければ参考にしてみて下さい。

【初心者向けに手順紹介】WordPressインストール後にやっておくべき設定!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です