格安SIMとは? 初心者でもわかるように格安SIMの速度やオススメ徹底解説!

そもそも、格安SIMとは何?

そもそも格安SIMって何?

ズバリ一言で表わすと、ドコモ、au、ソフトバンクといった大手よりも安い価格で通信を行えるSIMサービスを提供している通信業者のことです。

を指します。もっときちんと理解したいという方のために、詳しい解説を以下より段階的に行います。

以下では

  • まずは、そもそもSIMとは何か?
  • どういった経緯で格安SIMは登場してきたのでしょうか?
を確認しましょう。

1. そもそもSIMとは何か

スマホは

  • スマホ本体(端末)」および
  • SIMカード
から成っています。

SIMカードの「SIM」は英語のSubscriber Identity Moduleの略であり、加入者固有番号を意味します。

この名前が表しているように、SIMカードの役割とは、通信事業者が、サービスに加入した個人に通信サービスを提供できるように、サービス加入者一人一人識別することにあります。つまり、同じ番号のSIMカードを持っているは1人しかいない、ということになります!

通信事業者は、SIMカードに基づいてサービスを提供するため、SIMカードの入っていないスマホでは、Wifiがなければネットは使えませんし、通話もできません。スマホに電話番号を付与し、データ通信も可能にするためには、SIMカードが必要なのです。

例えば、 スマホ本体がボディで、SIMカードが「頭脳」もしくは「心臓」だと考えると分かりやすいでしょう。

2. 格安SIM登場の経緯

格安SIM登場経緯1:SIMロック

スマホの「心臓」であるSIMカードは誰でも簡単に抜き差しすることが可能!しかし、以前はスマホ本体とSIMカードは密接不可分なセットになっていました。

このため、ドコモで購入した端末はドコモのSIMカード(ドコモのプラン)とだけ、auで購入したスマホはauのSIMカードだけしか使えず、家族が使わなくなったスマホをもらって後から通信業者とデータ通信プランや通話プランだけを契約してSIMカードを入れて使用する、とったことが以前はできなかったのです。

格安SIM登場経緯2:SIMロック解除義務化

このように、スマホにSIMのロックがかかっていているというスマホの契約方法も2015年に終わりを告げます。

今まで大手通信事業者によってかけられたいたSIMへのロックを解除するようにとの総務省の通達が出たためです。これにより、契約者のリクエストがあれば、ドコモでもauでもソフトバンクでもSIMロックを解除し、スマホ本体をSIMフリーにしなければならなくなったのです。

現在では、SIMを解除してもらわなくても、最初からSIMがフリーになっているスマホを購入することができ、回線業者も好きな会社が選べるようになっています。

まとめ:格安SIMとは?
  • 格安SIMとは、大手よりも安い価格で通信を行えるサービスを提供している通信業者のこと
  • スマホは、端末とSIMカードからなっており、SIMカードによって、通信事業者は加入者を識別して、通信サービスを提供する。
  • SIMフリーが義務化されることにより、スマホ事業にたくさんの事業者が参入し、格安SIMが登場した。
  • 以前は、大手通信業者により、スマホがSIMロックされており、自由にSIMカードを切り替えることができなかった。

なぜ、格安SIMは安いの?

では、格安SIM会社は、なぜ大手よりも安く通話料もデータ通信料も安く提供できるのでしょう?

主な理由は2つあげられます。

理由1:店舗をもたず、オンラインでのサービスに特化

格安SIMがサービスを大手よりも安く提供できる理由の2つ目は、店舗を持たず、サービスの提供を主にオンラインに集中させていることです。

店舗をもっている格安SIM業者もありますが、そうした場合でも、店舗数を限定しています。

これにより、店舗運営をするための様々なコストをカットすることができるので、提供するサービスの価格を低く押させることができるのです。

理由2:格安SIM業者は自前の回線をもたない

理由の一つは、格安SIM業者が自前の回線を使用していないことによります。

格安SIM業者は、大手通信業者からまとめて回線を借りて通信サービスを販売しているのです。

このポイントは、すでにある回線を借りるため、初期投資がかからないことにあります。さらに、まとめて回線を借りる分、各個人が大手キャリアから1回線ずつ回線契約をするよりも一回線あたりの単価が下がることになります。

注意点 – 格安SIMのデメリットとは?

このように、格安SIMは、SIMロック解除義務化を背景として登場したものであり、大手通信業者の回線を借りたり、店舗をもたない、または店舗数を制限したりすることによって、格安サービスを実現しています。

これまで見てきたことから明らかなように、格安SIMの最大のメリットは、月々のスマホ代を低く抑えることができることにあります。

しかし、同時に注意しておかなければならないデメリットもあります。

主要なものとしては、次のようなものがあります

デメリット
  1. 申し込みも初期設定も基本的に自分で行う必要
  2. 回線混雑時には、通信速度が遅くなる傾向

デメリット1:申し込みも初期設定も基本的に自分で行う必要あります!

大手キャリアの場合、申込みから実際の使用まで、ドコモ・ショップ、auショップといった店舗で丁寧にサポートしてくれます。

一方、格安SIMの場合は、コストカットのために、店舗を持っていない場合があるので、そういった場合、オンラインでSIMカードの購入、そして初期設定まで自分でする必要があります。

もちろん、このことは逆に言うと、店舗の空いている時間を気にする必要もないし、ショップで待たなくても自宅で簡単にSIMカードが買えるということを意味するため、サポートが必要ではない人にとっては特にメリットとも言えます

ただし、手取り足取り教えてもらわないと心配だという方もいるでしょう。そうした人にとっては、サポートを受けずに自分一人で行わないといけないのは、格安SIMのデメリットと言えるかもしれません。

デメリット2:回線混雑時には、通信速度が遅くなる傾向はあります!

上で見たように、格安SIMは、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手の回線を借りることによって、通信サービスを提供しています。

この帰結として、回線が込み合っているときには、回線を保有している大手の顧客が優先されるため、格安SIMの利用者は通信速度が遅くなる可能性があります。

このため、たとえば朝の通勤・通学時間、お昼休み時間、夕方の帰宅時間などには、通信速度が遅くなる場合があります。

具体的にどれくらい遅くなるかというのは、各格安SIM会社や時間帯、場所によって変わるため、一概には言えませんが、ダウンロード速度が1Mbps以下になる場合もあると言われています。

メールやLine、ツイッターの確認をしたい場合

データ通信の主な目的がメールの確認である場合、ダウンロード速度が1Mbpsを多少下回っても問題にはならないでしょう。

またLineについても、高画質通話をしたい場合を除けば、問題なく使用できるはずです。

ツイッターは、環境によっては重くなるかもしれませんが、たとえば計量版アプリであるTwitter Liteを使用するなどして、低速度でも問題なく使用できるようになります。

Youtubeを見たい場合

たとえば、通勤時間にYoutubeを見たいという方を想定しましょう。Youtubeによる画像視聴のための推奨環境は次のようになっています。

動画の解像度 推奨される持続的な速度
4K 20 Mbps
HD 1080p 5 Mbps
HD 720p 2.5 Mbps
SD 480p 1.1 Mbps
SD 360p 0.7 Mbps

これに照らすと、視聴する動画の解像度が高画質でなければ嫌だという方にとっては、ダウンロード速度1Mbps以下はストレスになるかもしれません。しかし、画像の解像度が360p程度であっても気にならないという方にとっては、混雑時であっても問題にはならないでしょう。

まとめ:注意点 - 格安SIMのデメリット
格安SIMは、店舗サービスを削減することによってコスト削減をしているため、申し込みや初期設定などを自分で行わなければならない。

格安SIMの多くは、大手の回線を借りているというシステム上、混雑時に通信速度が遅くなる可能性がある。

格安SIMには、データ通信に特化しており、通話量が割高なものもあるため、通話重視の人は注意が必要。


【速度で料金比較】モバイルルーター(ポケットWiFi)はコレがおすすめ!

【速度や料金比較】評判の良い、モバイルルーター(ポケットWiFi)おすすめを紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です