【必須プラグイン】ログインIDのバレを防止!Edit Author Slugの使い方・設定手順

プラグイン「Edit Author Slug」を使い方を紹介します。

「Edit Author Slug」は、WordPressのユーザーID(ログインID)を変更することができるプラグインです。
これでセキュリティ対策ができるので、まだの人はぜひ設定しておきましょうね!

WordPressのユーザーID(ログインID)について紹介!

WordPressをインストールしてから特に設定をしていないと、サイトURLに自分の「ユーザー名(ログインID)」が表示されてしまっている可能性がありますしょうしょう

ログインIDが表示されてしまう=他人にログインIDがバレてしまう

つまりログインIDがバレてしまうと、勝手にログインされて可能性が上がってしまいます
まだ設定していないと思うし、ログインIDが表示されてるかもわからない…

という人は、まず以下の方法でログインIDが表示されている状態かどうか調べてみて下さい。

URLにログインIDが表示されるか確認する方法

ブラウザの検索窓に、「サイトのトップページのURLに「/?author=1」をつけ足してEnterキーを押します。

MEMO
例:サイトURKが「https://○○○.com」なら「https://○○○.com/?author=1」

その結果、検索窓に「https://○○○.com/ログイン名」と表示されたら危険です。

これだと他人が同じようにアクセスしたら、ログインIDが知られてしまいます。
ということで、ログインIDが表示された人は、以下の手順で表示されないように設定をして下さい。プラグインを使って簡単に設定できます。

プラグイン「Edit Author Slug」の使い方

「Edit Author Slug」は、サイトのログインIDの表示を変更することができるプラグインです。これを使えば簡単にIDを変更できるので、さっそくインストールしていきましょう!

Edit Author Slugのインストール方法

WordPressの管理画面から「プラグイン>新規追加」をクリック!

右上の検索枠に「Edit Author Slug」と入力すると、その名の通りのプラグインが表示されるので「今すぐインストール」をクリック!

インストールが完了したら「有効化」をクリック!

Edit Author Slugの設定方法

有効化をしたら、左サイドバーの「ユーザー>あなたのプロフィール」をクリックします。

するとプロフィール設定ページが開きます。

ページをスクロールしていくと下の方に「Edit Author Slug」の項目があります。

初期設定では「投稿者スラッグ」=「ログインID」が選択されているので、「カスタム設定」を選択し、IDを変更します。

変更したらページ一番下の「プロフィールを更新」をクリックします。

これでサイトURLにログインIDが表示されることはありません。

改めて「サイトURL+/?author=1」と検索窓に入れてアクセスすると、「サイトURL+/変更したID」になっているはずなので、確認してみて下さい。

これで設定の完了です!

ログインIDは隠せたので、セキュリティ対策が1つできました。

 

他にも、WordPressのセキュリティ対策を更に整えることができます。

余裕があればこちらも設定しておくのがおすすめです。

【最新版】最初にやろう!WordPress初心者向けのセキュリティ対策
【手順解説】最初にやっておくべき!WordPress初心者向けのセキュリティ対策


こちらのSEO対策本もオススメです!!