【まとめ】評判の良い、保湿クリームのおすすめ人気ランキング10選を紹介!

保湿クリーム

顔の乾燥を防ぎ、スキンケアの仕上げに欠かせない保湿クリーム。フェイスクリームやスキンケアクリームとも呼ばれています。ニベア・ちふれ・松山油脂のようなプチプラや、キールズ・資生堂といったデパコスなど価格帯が幅広く、韓国など海外メーカーの商品も市販されています。さらに、セラミド配合のものやニキビ・肌荒れ予防に適したものまであり、どれを選べばよいか迷いますよね。

そこで今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の保湿クリーム10商品を比較して、最もおすすめの商品を決定したいと思います。

乳液との違いは?保湿クリームの役割について解説!

保湿クリームとは、肌に与えたうるおいにフタをし、水分の蒸発を防ぐもの。化粧水や美容液などのあと、お手入れの仕上げとして使うのが一般的です。

乳液も同じはたらきをするものではありますが、クリームのほうが含まれる油分の量が多く、うるおいを長時間キープすることができます。

保湿クリームの選び方3選紹介!!

① 肌のうるおいをしっかり閉じ込める。エモリエント効果が高いものを選ぼう

最も重要なポイントとなるのが、肌の水分が蒸発するのを防ぎ、うるおいを閉じ込める、エモリエント効果の高さです。ひとくちに保湿クリームといっても、こっくりしていて保湿感を得られるものもあれば、ジェルのようなさっぱりした使い心地のものもあるので、好みに合わせて選びましょう。

油性成分が豊富なものは、こっくりしたテクスチャで保湿感を得られる

乾燥肌にお悩みの人や、皮脂分泌量が少ない人は、油性成分が多く含まれたクリームがおすすめです。

成分表示で、以下の成分が「水」の次に記載されているものは油性成分が多く、エモリエント効果が期待できます。こっくりとしたテクスチャをしていて、保湿感を得られるのが特徴的。

油性成分で化粧崩れが起きやすい人は、夜限定で使うのもよいでしょう。

水溶性成分が多いものは、さっぱりしていて日中の化粧崩れが気になる人にも好適

オイルの感触が気になる人や、さっぱりした軽いテクスチャが好みの人は、水溶性成分の多いクリームを選ぶとよいでしょう。

成分表示で、以下の成分が「水」の次から2、3番目まで記載されているものは、こっくりしすぎず、なめらかなテクスチャをしています。

② エイジングや美白などプラスαのケア成分が入ったものに注目

エイジングケアには「レチノール誘導体」や「ペプチド」がおすすめ

ハリ不足などエイジングに関する肌悩みには、「レチノール誘導体」や「ペプチド系成分」が含まれたクリームがおすすめです。

レチノール誘導体(ビタミンA誘導体)
ビタミンAの一種であるレチノールに安定性を持たせたもので、ターンオーバー促進やコラーゲンを増やすはたらきがあります。そのため、しわ対策などにぴったりです。

ペプチド系成分
肌のハリ・ツヤアップが期待できる機能性成分。ハリ不足にアプローチしたい人に向いています。

シミ・そばかすを防いで透明感ある肌を目指すなら、美白有効成分が入っているものを

シミ・そばかすを防ぎ、透明感のある美白肌を目指すなら、美白有効成分が含まれたものを選びましょう。

美白有効成分は、紫外線を浴びる前後など、タイミングによって有効なものが異なります。以下の成分例を参考に、複数の成分が含まれたものを選ぶと効率的に美白ケアできますよ。

なお、以下の成分が配合されている化粧品もありますが、美白効果が認められているのは医薬部外品のみです。保湿クリームで美白ケアをしたい人は商品の分類をチェックしましょう。

<紫外線を浴びる前に有効な成分の例>
カモミラET・m-トラネキサム酸

<紫外線を浴びた直後に有効な成分の例>
アルブチン・コウジ酸・エラグ酸・ルシノール・ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)・シムホワイト377・マグノリグナン・リノール酸S

<メラニンが生成されたあとに有効な成分の例>
ビタミンC誘導体・エナジーシグナルAMP・リノール酸S

③ 刺激となる成分が入っていないかも一緒にチェック

肌に直接つけるものだからこそ、刺激となりうる成分が入っていないか、成分表から確認しておきましょう。

敏感肌の人が刺激を感じる可能性のあるものとしてベース成分や防腐剤などが挙げられ、主な例として「エタノール(アルコール)」や「パラベン」などがあります。また、香料も同様に懸念材料として挙げられやすい成分のひとつです。

パラベン系
使用実績が長く信頼できる成分のため、肌に合わない場合を除き、深く心配する必要はありません。

エタノール(アルコール)
クリームにおけるエタノール配合量は、化粧水などと比べ少ないと考えられますが、極度の敏感肌やアルコール過敏症の場合は注意するとよいでしょう。

香料
基本的には厳しく安全性が管理されたものが使用されています。肌に合う・合わないは個人差があるので、使って刺激などを感じなければ、わざわざ避ける必要はありません。

保湿クリームのおすすめ人気ランキング10選!

第10位 松山油脂 肌をうるおす保湿クリーム

容器は重いが、うるおい成分のセラミドが豊富な点は高評価
松山油脂の「肌をうるおす 保湿クリーム」は、乾燥肌や敏感肌のための高保湿スキンケアを謳った商品です。

保湿力の検証においては、塗布後ゆるやかに肌水分量が増えていき、高評価を獲得しました。成分については、敏感肌も使えるシンプルな処方が特徴的です。また、うるおい成分であるセラミドの種類が豊富なことに加え、疑似セラミドも含まれている点が高評価につながりました。

ぷるぷるとしたテクスチャをしており、伸ばす際にはみずみずしさも感じられます。ほぼ無臭で、においに敏感な人でも問題なく使えるでしょう。一方で、開け閉めに問題はありませんが、ジャータイプの容器にはずっしりと重いという声が。なじむスピードはまずまずで、べたつきにくさの検証では及第点に達しました。

第9位アリエルトレーディング FEMMUE アイディアルクリーム リッチ

独特な香りが気になるが、オイルリッチな処方で乾燥肌向き

現代の肌が出合う、さまざまな環境やストレスに着目して開発された「FEMMUE アイディアルクリーム リッチ」。

一気に増えた肌水分量を維持し続け、保湿力検証では高評価。油分が多く、エモリエント効果の高い処方で乾燥肌向きです。ほかにも肌にうるおいを与える「マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル」のような成分や、「ナイアシンアミド」などの美容成分が含まれている点も特徴的でした。

手に取った際は比較的固めのテクスチャをしていますが、なじませるうちに柔らかく溶けていき、肌にぴたりと密着していく感覚が好印象です。なじみも早く、べたつきにくさも申し分ありません。中身がこぼれにくい容器のつくりは評価できますが、香料の独特な香りは好みが分かれそうです。

第8位イソップ・ジャパン マンダリン フェイシャル ハイドレーティング クリーム

高いエモリエント効果があり、シトラス系の香りも好印象
「マンダリン フェイシャル ハイドレーティング クリーム」は、シトラス由来の植物オイルブレンドを配合した商品。

ヘーゼルナッツ種子油など植物性の油性成分を多く含んだオイルリッチな処方で、高いエモリエント効果が期待できます。実際、保湿力の検証では、一度上がった高い肌水分量を4時間キープし続け、満点評価を獲得。水分をしっかりと閉じ込める、高いエモリエント効果が証明されました。

使用感においては、伸びのよいやわらかなテクスチャが心地よいとモニターから高評価。また、お手入れ中はシトラス系のさっぱりとした香りが楽しめます。容器は重めですが、開け閉めには問題ありません。なじむスピードは可もなく不可もなくで、べたつきにくさの検証では平均レベルの評価を獲得しました。

第7位佐藤製薬 サトウ ザ・クリーム

保湿力で満点を獲得。セラミドなどで肌を健やかに保つ
「サトウ ザ・クリーム」は、肌のハリ不足などにアプローチする、エイジングケアクリームです。

保湿力に長けており、元と比べて2倍以上の肌水分量を、4時間キープし続けました。成分に関しては、「セラミド」や「ポリクオタニウム類」で、肌を健やかに保てる点が特徴的。また、肌荒れ防止成分の「グリチルリチン酸2K」も含んでいるため、うるおいを保ちながら肌トラブルを防げます。しかし、エキス類が多いため、敏感肌の場合は、肌に合わないと感じる可能性もあるでしょう。

使用感では、しっとりと保湿感が得られる点や爽やかな柑橘系の香り、掴みやすいフタで開け閉めがスムーズな点が評価されました。保湿感はありますが、なじむ早さはまずまずで、べたつきにくさの評価は平均点レベルです。

第6位第一三共ヘルスケア ミノン アミノモイスト エイジングケア ミルククリーム

敏感肌をやさしく保湿。軽いつけ心地が好きな人にぴったり
「ミノン アミノモイスト エイジングケア ミルククリーム」は、第一三共ヘルスケアが、敏感肌と年齢肌を考えて処方した保湿クリーム。

塗布して1時間で大幅な肌水分量の増加が見られ、その後も増え続けた結果、元と比べて約2.3倍の数値に到達。保湿力で満点評価を獲得しました。成分に関しては、肌を健やかに保つ「グリチルリチン酸2K」を配合し、やさしく保湿できます。敏感肌向けを謳うのにふさわしい成分構成といえるでしょう。

みずみずしいテクスチャで、軽いつけ心地が好みの人にぴったり。ほぼ無臭で人を選ばない点は評価できますが、ゆるいテクスチャに対してチューブの口が大きいため、適量を出すには力加減の調節が必要です。なじみが早く、べたつきにくさの検証ではビーズの付着が10個と、高評価でした。

第5位ポーラ B.A クリーム

エイジング・乾燥肌ケアに好適。こっくりしたクリームが密着
メーカーオリジナルの成分を含み、ハリのある肌をサポートする「B.A クリーム」。

保湿力の検証では、右肩上がりに肌水分量が増加。最終的に約84%増と満点には届かなかったものの、高評価でした。成分については、肌にうるおいやハリを与える成分を含み、エイジングケア効果が期待できます。また、「加水分解シルク」をはじめとした、整肌成分を豊富に含むことから、乾燥ケアにも向いています。

こっくりとしたテクスチャをしており、肌に吸い付くような密着感が得られます。一方、フローラルの香りが長続きしますが、モニターからは好みが分かれそうだという意見が。また、容器の開け閉めにやや力を要します。保湿感が得られるわりには、べたつきが強く残らず、べたつきにくさの検証では平均的な評価となりました。

第4位ザ・プロアクティブカンパニー セタフィル モイスチャライジングクリーム

塗布してすぐに肌水分量が急増。なじみがよく、べたつかない
「セタフィル モイスチャライジングクリーム」は、濃厚でなじみのよいテクスチャを売りとした、フェイス・ボディ用のクリームです。

保湿力の検証では、塗布して1時間の時点ですでに肌水分量が約2倍に増加。その後も微増を続けて、満点評価を獲得しました。機能性成分はとくに含まない、保湿に特化したシンプルな処方をしており、敏感肌でも使えます。

伸びがよく、塗ったそばから、肌がしっとりさらさらしていく感覚が得られます。ほぼ無臭なため、においに敏感な人でも問題なく使えるでしょう。容器は一般的なチューブで、使い勝手に申し分ありません。謳い文句どおりのなじみのよさを見せ、べたつきにくさの検証では、ビーズの付着が10個以下にとどまりました。そのため、クリームのべたつきが苦手な人にも向いています。

第3位ELCジャパン ドゥ・ラ・メール クレーム ドゥ・ラ・メール

油分豊富で乾燥肌向き。伸びのよい濃厚なテクスチャが高評価
「クレーム ドゥ・ラ・メール」は、こっくりとした濃厚なテクスチャで肌を包む保湿クリームです。

優れた保湿力があり、検証では右肩上がりに肌水分量が増え続け、約97%増と満点評価を獲得。全体的に油分が多くエモリエント効果の高い構成をしているため、乾燥肌に向きといえます。また、「アルゲエキス」には、肌を整える効果が期待できる点も高評価につながりました。

売りとしているテクスチャは、固めなわりには伸びがよく、デパコスならではの高級感ある香りがします。容器には、サイズに対して重すぎるという声がありますが、中ブタやスパチュラなど、便利に使い続けるための付属品が充実しています。べたつきにくさの評価では、18個のビーズが付着。濃厚なテクスチャである分、完全になじむまでには時間を必要とします。

第2位 Clue フーミー モイストエイジングケアクリーム

トップクラスの保湿力。乾燥肌にも年齢肌にもアプローチ可能
人気ヘア&メイクアップアーティストのイガリシノブがプロデュースするブランド、フーミーの 「モイストエイジングケアクリーム」は、大人の肌悩みへアプローチできるよう考え抜かれた商品。

特筆すべきは、大変優秀な保湿力。肌水分量は元と比べて約2.3倍にまで増加しました。成分ついては「セラミド」など肌にうるおいを与える成分が多いため、乾燥肌に向きといえるでしょう。また、「ペプチド類」など、肌にハリ・ツヤを与える整肌成分が多数含まれている点も高く評価できます。

モニターからは、ほのかなフローラルの香りを楽しめる点や、シンプルなつくりの容器が高評価。するすると塗れる伸びのよいテクスチャをしており、べたつきも強くは残りません。

乾燥肌も、年齢肌も、どちらにもアプローチしたい人に適しています。

第1位花王 潤浸保湿フェイスクリーム

敏感肌向けを謳うにふさわしい成分構成。保湿力も非常に優秀
乾燥性敏感肌を考えたキュレルの「潤浸保湿 フェイスクリーム」は、セラミドの働きを補い、うるおいを与える、セラミドケアを特徴としています。

塗布後、肌水分量は右肩上がりに増加し、最終的には元から約2.1倍の量に到達。保湿力の評価で、見事満点を獲得しました。成分については、抗炎症作用のある「アラントイン」を含み、敏感肌でも使いやすい処方をしています。また、「疑似セラミド」が入っているため、バリア機能を助ける効果も期待できるでしょう。敏感肌向けを謳うに適した成分構成といえます。

なめらかで柔らかいテクスチャをしており、塗ってすぐに保湿感が得られます。鼻につくにおいはなく、フタの開け閉めもスムーズです。べたつきも強くは残りません。

敏感肌を、やさしくうるおす、ベストバイ・保湿クリームです。

保湿クリームの正しい使い方

保湿クリームは、化粧水などでスキンケアをしたあと、手のひらに伸ばして頬を包むように塗りましょう。

体温程度で溶ける成分が入っていることもあるので、塗っていくうちにテクスチャや伸びが変わってきます。

軽く触れる程度のタッチでくるくると円を描きながら広げると、マッサージもできて一石二鳥。基本的には各商品の目安の量に従うとよいですが、手に余った分でTゾーンを押さえたり、乾燥しやすい部分には重ね塗りしたりするなど、お顔の調子でクリームの量を調整するのがおすすめです。

一通り塗ったら、最後にハンドプレスで仕上げましょう。

こちらの記事もオススメです!!

【2020年厳選!】無印化粧水のおすすめ人気ランキング10選!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です