【ニキビケアオススメ】評判の良い化粧水のおすすめ人気ランキング10選!メンズにもオススメ

化粧水

肌悩みとして挙げる人も多いニキビ。オードムーゲ・ちふれ・ミノンのようなプチプラから、アクセーヌやクリニークなどのデパコスまで幅広い価格帯の商品が販売されています。

また、思春期ニキビ用や大人ニキビ用、ノンコメドジェニックなど種類も豊富でどれを選べばよいか迷ってしまいますね!

そこで、今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングで売れ筋上位のニキビケア化粧水10商品を比較して、最もおすすめのニキビケア化粧水を決定したいと思います。

ニキビケア化粧水の選び方 3選!!

① ニキビケアに向いているとされる成分が配合されているかチェックしよう

まずはニキビケアに有効な成分が配合されているかを成分表から確認しましょう。

自分の肌質によって取り入れたい成分が変わってきます。
ニキビの根本的な要因は毛穴詰まりです。毛穴詰まりは過度な洗顔や摩擦、過酸化脂質などの刺激により発生してしまいます。過酸化脂質とは、脂肪酸がさらに酸化したものなどを指します。

皮膚は刺激を受けるとターンオーバーが早くなり、剥離した小さな角質が皮脂と混ざって詰まることで毛穴をふさいでしまうのです。

このような毛穴詰まりを予防するには、以下のような皮脂の酸化を防ぐ「抗酸化物質」が配合された化粧水がおすすめです。

<ニキビ予防におすすめの抗酸化物質>

ビタミンC、およびビタミンC誘導体
フラーレン
トコフェリルリン酸Na

② ニキビ肌にもうるおいは必須!ただしグリセリンは避けるのが無難

化粧水はニキビができている部分以外の顔全体にも使用するものですから、肌に必要なうるおいを与えてくれるものを選びたいところです。

化粧水に用いられる保湿成分としてはグリセリンやBG、DPG、加水分解ヒアルロン酸などが代表的ですが、グリセリンはアクネ菌のエサとなってしまうため、頻発するニキビにお悩みの方は避けたほうがよいでしょう。

BGはさっぱりとした使用感の成分であるため、脂性肌の人にもおすすめできる保湿成分です。

③ 刺激を感じにくい化粧水か確認しよう。有効成分などをチェック

ニキビケア化粧水は有効成分など人によっては刺激となる成分が含まれていることがあります。肌につけるものですから、やさしい使い心地かどうかテスターなどで確認しておくことが必要です。

また、ニキビケア化粧水はさっぱりとした使用感をつくるためにエタノールやメントールが配合されていることもあります。これらの成分も刺激を感じることがあるため、過去に使った化粧品で刺激に感じたことがある人は避けるのが無難です。

化粧水

ニキビケア化粧水のおすすめ人気ランキング10選!

第10位エトヴォス 薬用 アクネVCローションⅠ

やさしくニキビ対策・美白ケア。使用後の肌触りも高評価
ETVOSの「薬用 アクネVCローションⅠ」はニキビ対策と美白を同時にケアできる化粧水。抗炎症と抗酸化の作用を持つビタミンC誘導体(3-O-エチルアスコルビン酸)を配合した、マイルドなニキビケアアイテムです。

テクスチャはさっぱりとしており、すぐになじむところも評価できるポイント。うるおいキープ力は弱いものの、なじませた直後はなめらかな肌触りになります。においが薄いところも使いやすいと評価できますが、フタが小さくやや開けにくさを感じることもありました。

第9位花王 キュレル 皮脂トラブルケア 化粧水

ニキビ予防以外にも役立つ成分を配合した、皮脂ケア化粧水
敏感肌に向けたスキンケアブランドの「キュレル」から発売されている「皮脂トラブルケア化粧水」は、皮脂でベタつくのにかさつきも気になる人に選ばれています。さらさらのテクスチャは脂性肌の人でも使いやすく、夏に使ってもベタつきが気になりません。その分、保湿力は弱めなので、乳液などを併用しましょう。

成分を確認すると、抗炎症成分(アラントイン)のほか、抗菌や収れん、セラミドケア、保湿ケアなどに役立つユーカリエキスが配合されていました。手になじむ楕円形のボトルは液量の微調整もできるディスペンサー式で、時間がないときでも手間いらずです。

第8位オルビス 薬用 クリアローション

シンプルで堅実な印象。敏感肌はエタノールにだけ要注意
オルビスの「薬用 クリアローション」はニキビケアのシリーズです。抗炎症成分(グリチルリチン酸2K)のほか、美肌ケアに期待できるハトムギエキス(ヨクイニンエキス)も配合されています。粘度の低いテクスチャでベタつくことなく使え、さっぱりとした保湿感を与えます。

サイズ感やフタの構造が片手で使うのに適しており、残量がわかりやすい点も気が利いている印象。液だれもしにくく、シンプルながらほしい要素は揃っていました。ツンとしたにおいだけが気になるところで、エタノールが配合されているので肌が敏感な人は注意しましょう。

第7位資生堂 dプログラム アクネケアローションW

敏感肌向けブランドならではのマイルドな使用感が長所
「ときどき敏感肌」に向けた「dプログラム」の化粧水には、抗炎症成分2種類(トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K)が配合されており、敏感肌向けのブランドということで刺激になりうる成分も見受けられません。

軽やかなテクスチャでなじんだあとはしっとりとした感触に。化粧水単体ではうるおいキープ力が弱いので乳液やクリーム、ジェルなどで補う必要はあるでしょう。残量がはっきりと見えるディスペンサータイプの容器なのはよいですが、1プッシュで出てくる量が少し多く感じます。

第6位トゥヴェール 薬用ホワイトニングローションαEX

ニキビのほかに美白にもアプローチする、ビタミンC化粧水
トゥヴェールの「薬用ホワイトニングローションαEX」はビタミンC誘導体が配合された薬用美白化粧水です。抗酸化作用のあるビタミンC誘導体と抗炎症作用のあるグリチルリチン酸モノアンモニウムというダブルの成分で、マイルドなニキビ予防サポートが期待できます。

さらりとしたテクスチャでなじみがよく、しっとりとした感触に。うるおいキープ力は弱めですが、つけたときのしっとり感を評価する声が多く見られました。マットな素材の容器は濡れた手で持ってもすべりにくく、開けやすい点がメリット。液だれもせず、毎日のニキビ予防としてストレスなく使い続けられるでしょう。

第5位イルミルド製薬 薬用 ニキビケア 化粧水

シンプルな構造の容器が高評価。バリア機能を高める効果も
口コミで人気の「薬用ニキビケア」の化粧水には、プラセンタエキスや抗炎症成分(グリチルリチン酸2K)が配合されており、バリア機能をサポートしてマイルドなニキビケアが可能です。

粘度の低いテクスチャですがしっとりとしたうるおいを感じられ、使ったあとの肌はもちもちとした感触に。時間が経過すると水分量の変化は微増程度に留まりますが、乳液などを併用することで十分に補えます。

液だれせず、液量の調節が簡単な容器についても高く評価でき、使用感にも問題はありません。おだやかにニキビを予防したい人に向いている化粧水です。

第4位ロート製薬 肌ラボ 薬用極潤スキンコンディショナー

「極潤」ならではのうるおい感。刺激となる成分も少ない
「肌ラボ 薬用 極潤 スキンコンディショナー」は、極潤ならではのうるおいはそのままにニキビや肌荒れしがちな肌に向けた成分構成にした商品で、2種類の抗炎症成分(グリチルリチン酸2K、イプシロンーアミノカプロン酸)を配合しています。

dl-カンフルという成分は刺激の面で苦手な人がいる可能性もありますが、ニキビを増長させるようなグリセリンや油脂類は見られず、刺激性成分も少ないと考えられます。ニキビケア化粧水はうるおいに物足りなさを感じる商品も多いなか、適度な保湿感も得られました。

ほのかに薬草のような香りを感じた以外には好みが分かれる要素も少なく、毎日無理なく使い続けられるでしょう。

第3位資生堂薬品 イハダ 薬用ローション しっとり

ニキビ以外の肌荒れ予防にも使える、敏感肌向けの化粧水
繰り返す肌荒れに向けたスキンケアブランド「イハダ」の化粧水には、抗炎症成分のアラントインとグリチルリチン酸2Kが配合されており、ニキビ・肌荒れを防ぐことが出来ます。

テクスチャの粘度は低いもののなじむとしっとり感が得られ、うるおいのキープ力もそこそこ。モニターによっては元の水分量よりも低下してしまった場合もありましたが、ほとんどのモニターで水分量が上昇した状態を維持できました。

シンプルな構造の容器は大きなストレスとなる部分もなく、どんな人でも使いやすいといえるでしょう。無臭に近いところもニキビケア化粧水としては安心感があります。

第2位資生堂 ベネフィーク マルチコンディショニングローション

使用感と成分がハイレベル。乾燥が気になる人も使いやすい
「ベネフィーク マルチコンディショニング ローション」はニキビや肌荒れを1本でマルチに防ぐ薬用化粧水です。トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kという2種類の抗炎症成分が配合されているほか、美肌ケアにアプローチするカモミラエキスとハトムギエキス(ヨクイニンエキス)まで含まれています。

さっぱりとしたテクスチャで保湿力が心配になるところですが、検証してみるとニキビケア化粧水のなかでは随一の結果に。通常の保湿化粧水と比べても遜色ない保湿力で毎日のスキンケアにおすすめできます。

清潔感のあるフローラル系の香りや、量の調節がしやすく残量もひと目でわかる容器も高く評価でき、全体的に隙のない商品でした。

第1位クラシエホームプロダクツ 肌美精 薬用整肌化粧水

毎日のニキビ予防にぴったり!プラスαの成分も嬉しい商品
「肌美精」の化粧水は大人の肌荒れ・ニキビ対策を謳う商品で、グリチルリチン酸2Kとトラネキサム酸と、ダブルの抗炎症成分が配合されています。さらっとしたテクスチャで肌にすっとなじみ、皮脂が気になる肌でもさっぱり使えるところがメリットです。

保湿力の検証では人によって評価が分かれましたが、半数以上のモニターで平均点レベルの結果に届きました。美肌ケアに役立つハトムギエキス(ヨクイニンエキス)も配合されており、プラスαのケアができるのが嬉しいところ。

ほぼ無臭である点や、片手で扱える容器の構造も高く評価できます。季節や世代、肌質を問わずニキビに悩む人すべてにマイベストが自信を持っておすすめできる化粧水です!

ニキビは化粧水で消せるの?

ニキビはどのようにできてしまうのか疑問に思ったことがある人も多いはず。思春期ニキビの原因は過剰な皮脂が挙げられます。また、顎周りを中心にできる大人ニキビはターンオーバーの乱れや乾燥が原因とされており、どちらも根本的な要因は毛穴詰まりなので過剰な洗顔や摩擦を避けることが予防につながりますよ。

スキンケアの一環としてニキビケアをする場合は、思春期ニキビは皮脂ケア、大人ニキビは角質ケアと保湿ケアをすることで予防が可能です。とくに、大人ニキビはホルモンバランスの乱れも原因となるため、ストレスを避け、食事を含めた生活習慣を整えることも予防につながります。

化粧水でニキビを「治す」ことはできないため、あくまでも予防として使い、ニキビをつくらないことを目標にしましょう。

こちらの記事もオススメです!!↓

【2021年最新版】メンズ化粧水のおすすめ人気ランキング10選!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です