【評判良い】初心者向けにブログ運営オススメの本 6選に厳選して紹介!

今回は、冒頭で本を読む前に知ってほしい心得を解説して、その後におすすめ本6冊をご紹介しています。

どうして読む前に心を知ってほしいかというと、ただ読むだけではブログに活かすのが難しいからですね。

良い本を知ることと、その本をどう活かすかをセットで理解することで、本の価値を引き出すことができます。

さて、前置きはこのくらいにして、さっそくご紹介していきますね!

初心者向け! ブログ運営におすすめの本 6冊

1冊目:沈黙のWebマーケティング

最初にご紹介する1冊は、『沈黙のWebマーケティング』

本書は、伝説のWEBマーケター”ボーン片桐”が、オーダー家具「マツオカ」のWEBサイトをコンサルしながら、WEBマーケの真髄を教えていく物語です。

SEO・WEBマーケティング全般について、物語を楽しみながら学ぶことできるのでおすすめです。

家具メーカー「マツオカ」のWEBコンテンツ事例も知ることができるので、実践へのイメージも持ちやすいのが特徴。

2冊目:沈黙のWebライティング

2冊目は、『沈黙のWebマーケティング』の続編である『沈黙のWebライティング』

前作でオーダー家具メーカー「マツオカ」を救ったボーン片桐は、須原の老舗旅館「みやび屋」のWEBサイトにアドバイスすることに。

今回はWEBライティングに焦点をあてて書かれており、読み手の心を動かすようなWEBライティングの極意をわかりやすい事例とともに知ることができますよ。

続編なのですが、今回はライティングに特化しているので、実際にブログを書くときに超参考になりますよ。WEBライティングをしたことない人は、常に手元に置いておきたい1冊です。

3冊目:人を操る禁断の文章術

3冊目は、メンタリストでおなじみのDaigoさんの著書『人を操る禁断の文章術』

本書は、心理学を活かしたライティング技術について書かれています。

読み終えると、ブログで読み手の心を動かす技術を体得できます。そのままブログに応用できるテクニックが満載なので、手元に置いておきたい1冊といえますね。

この本の冒頭で、文章を書く目的は、「今すぐ人を行動させること」だと語られています。この本を読んで、ブログを通して読み手に行動をさせられるような文章術を会得しましょう!

4冊目:『新しい文章力の教室』

4冊目は、ナタリー式のライティングメソッドが紹介されている『新しい文章力の教室』
文章を書く前にライティングの地図を作成してから書きはじめる、といったプロセスが紹介されています。記事を構造するという考え方が理解できるので、初心者にはおすすめです。

記事を書くという考え方にも、いろんな切り口や表現方法があるということを理解できると思います。

5冊目:『10年つかえるSEOの基本』

5冊目のおすすめ本は、Webマーケに強い、ナイル株式会社の取締役である土居 健太郎さんの著書『10年つかえるSEOの基本』

SEOアフィリエイトで必須な、SEOについて本質的に理解することができる1冊。世の中には、テクニカルなSEO本が多いですが、初心者でも理解ができる本質的な本といえます。

SEOアフィリエイトをやるなら、確実に読んでおきたい1冊です。本のタイトル通り、10年先も使える内容ですので、熟読しておきたいですね。ブログアフィリエイトをやりたい方にも、ドンピシャな内容ですよ。

6冊目:『現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル』

6冊目は、ウエストバーグ株式会社の西山悠太朗さんと、株式会社デジタルアイデンティティの小林睦さんの共著『現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル』

SEOの概念から、内部対策・外部対策・コンテンツSEOまで、わかりやすく網羅的に解説されています。

かなり分厚い本なのですが、基本的なことが抜け漏れなく紹介されているので、この1冊があればSEOの基礎知識としては十分かと思います。

本を読みながらブログで実践 【読むだけはNGですよ】


本を読む前に知っておいてほしいこと、意識すべきことをご紹介していきます。

まず、「読了後に、本の内容を試してみるのがいちばん大切」ということを肝に命じておきましょう。

ぶっちゃけ、本の内容をブログに生かすことができれなければ、読んだ意味がありません。

その1:本の目的を決めてから読む

目的を決めてから本を読みはじめるようにしましょう。

例えばですが、

読者の心を動かすライティング方法を知る
SEOに強いコンテンツの作り方を習得する
SEOの内部対策・外部対策の手法を理解する
といった目的を持ちながら読み進めましょう。

もっと具体的な例を出してみると、「ユーザーのCTR(クリック率)を高めるにはどんなタイトルにすべきか知る」という目的を設定して本を読むとします。

そうすると、「魅力的なタイトルのつけ方が5種類わかった」という成果を得られます。

ぶっちゃけ、数冊を読んでいくうちに忘れてしまいがちなので、目的はノートなどにメモしながら読むのがおすすめです。

その2:読了後は学んだことを、実践しましょう!!

本で学んだことは、すぐにブログに生かしてみましょう!

なぜなら、せっかく読書でインプットしても、1週間もすれば内容を忘れてしまうからですね。

先ほどのCTR向上の例でいえば、すぐに記事タイトルの変更を実施してみましょう。

実際にCTRにどのくらい変化があったかが分かり、ノウハウが蓄積されます。

新鮮なうちにアウトプットすることで、脳に定着させつつ結果に結びつけましょう。

その3:思考停止にならない本の読み方

ブログは、結果がでるまでに時間がかかるため、途中で思考停止になりやすいです。

例えば、ブログ6ヶ月目で収益3円とかだと、精神的にも結構キツイですよね。

しかし、そんな時こそ、思考停止になってはいけません。

思考停止にならないための読み方は、「いま自分は何がわからないのか?」を理解しながら読むことです。

例えば、SEOの全体像が理解できないのなら、全体像を知ることのできる本を読むべきです。

逆に、読み進めるうちにSEOの全体像がつかめたのなら、もうその本を読む必要はありません。

このように、わからないことを明確にすることで、思考停止にならずに読み進めることができます。

まとめ:本を読みつつ行動に移すべし!!

今回は、ブログ初心者向けのおすすめ本6冊と、本を読む前に知ってほしい心得をご紹介しました。

読んだ後の行動が、あなたがアフィリエイトで稼げるようになるかを決定づけます。

読んだことは最速でアウトプットしていきましょう。

こちらの記事もおすすめです!!

【2021年必見】ブログ運営におすすめの書籍を超厳選して10冊紹介!初心者でも大丈夫!

今回は以上です。