【初心者向け】高性能でコンパクトなデジタルカメラオススメ10選!!

コンパクトデジタルカメラ、通称「コンデジ」。

一番初めに思い浮かぶ特徴は、言わずもがな、持ち運びが楽だという点ですね!!

今回は、「性能良いコンデジを試してみたいけど、いきなり高いのを買うのは不安…。」という方に、レンタルできるコンデジをご紹介します。

それぞれの魅力を持ったカメラ10選を参考にして、ご自分の用途に合った一台をぜひ選んでみてください。

そもそも、コンデジとは?

コンパクトデジタルカメラ、略してコンデジと言います。

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラに比べて、機体のフォルムがコンパクトである点が特徴です。

また、カメラ本体とレンズが一体となっており、中にはアウターのポケットにすっぽり収まってしまうモデルもあります。

コンパクトデジタルカメラの3つの選び方

デジタルカメラの中でも、特に初心者に人気があるのがコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)です。

しかし、あまり馴染みがないと、どういったところに注目すると自分のニーズにピタリと合ったカメラが買えるか分からないこともあるでしょう。

ここでは特にコンパクトデジタルカメラの選び方を解説します。

選び方1. 画質の良さで選ぶ

せっかく写真に撮って思い出を残すなら、できるだけ高画質で残しておきたいもの。

写真としてプリントする場合ももちろんそうですし、将来、今よりもっと高画質なテレビなどが一般的になった時に、テレビの性能を最大限に発揮してできるだけ満足な画質で写真を表示させようとするなら、今、できるだけ高画質で写真を撮っておくことをおすすめします。

選び方2. 外部との連携機能で選ぶ

最近はInstagramなどのSNSが当たり前になっているので、撮った写真をすぐSNSなどにアップしたいという方も多いでしょう。

通常は、デジタルカメラで写真を撮った場合、パソコンやスマートフォンなどインターネットに接続された機器に転送しないと写真をアップできません。

しかし、カメラのなかにはWi-FiやBluetoothでパソコンやスマートフォンと接続できるものがあります。

SDカードなどを抜き差ししなくても写真を撮ればその場ですぐに写真の転送が完了しますから、リアルタイムで写真をSNSにアップしたいという方は、外部と連携機能が充実しているコンデジを選ぶといいですよ。

選び方3. 撮影モードや機能の充実度で選ぶ

デジタルカメラには、撮影を補助してくれる様々な機能が搭載されています。手ブレ補正機能が搭載されていて、夜景など暗いところの撮影でも手ブレを軽減してくれる機種や、液晶画面が回転して簡単に自撮りができるようになっている機種など。

あるいは、撮影者の意図を正確に写真に反映できるように撮影設定を自分で細かく調整できるようにして、凝った写真が撮れるようになっている機種もあります。

自分がカメラに機能を求めるかを事前に考えておいて、必要な機能を搭載しているカメラを購入するようにしてくださいね。

コンデジ売れ筋ベストテン紹介!!!

第1位 ソニー VLOGCAM ZV-1G

Vlogコンテンツの撮影に特化したデジタルカメラ
■主役が映えるユニークなワンタッチ機能「背景ぼけ切り換え」、素早くピントの移動ができる「商品レビュー用設定」
■逆光や薄暗い状況でも常に顔の明るさをキープする「顔優先AE」
■指向性3カプセルマイクとウインドノイズ低減機構

第2位 ソニー VLOGCAM ZV-1

■ボタン一つで自撮り時の背景を「ぼけ」または「くっきり」に切り替えられる背景ボケ切り換え機能を搭載
ボタン一つでオンにすることができる商品レビュー用設定は、顔と商品の間のスムーズなフォーカスの移動が可能
■有効約2010万画素のメモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RSを搭載し、暗所から明るい場所まで、ダイナミックレンジが広く、解像感が高い画質を実現
■動画撮影に最適化したAF性能により、高速かつ高精度に、自撮り撮影時の顔や商品など、動く被写体を捉え続けます

第3位 リコー GR III

■【究極のスナップシューター】GR 不変のコンセプト – 高画質・速写性・携帯性・深化
■【高画質】高解像・高コントラスト。シャープな写りを実現するGRレンズ。高解像・広ダイナミックレンジの24.2M APS-Cセンサーと新開発のGRエンジン6を採用。
■【速写性】電源オンから約0.8秒の高速起動。オートフォーカスの高速化と高精度化を両立した高速ハイブリッドAFを搭載。

第4位 ソニー RX100 VII

■最大60回/秒※1のAF/AE演算処理による最高20コマ/秒
ブラックアウトフリー連続撮影
■高速・高精度・高追従なAF性能を実現し、焦点距離24-200mm
高倍率ズームを小型ボディに凝縮したデジタルスチルカメラ。

第5位 リコー WG-70

水深14mで連続2時間の撮影が可能なタフネス設計
水深14mで連続2時間の水中撮影が可能な防水性能(IPX8、JIS保護等級8相当に準拠)を実現しています。さらに、1.6mからの耐落下衝撃性能やホコリに強いIP6X(JIS保護等級6)相当の防塵性能、マイナス10℃でも動作が可能な耐寒構造、100kgf(重量キログラム)までの重さに耐える耐荷重構造などを備え、過酷なアウトドア環境下での使用に耐えるタフネスモデルに仕上がっています。

高画質な画像
高感度、低ノイズ特性に優れ、画像信号の高速な読み出しが可能な裏面照射型CMOSイメージセンサーと、高性能画像処理エンジンを採用し、最高ISO感度6400の高感度性能と、有効約1600万画素の高精細画像を実現しています。さらに、“超解像”技術を応用した画像処理機能も備えており、より解像感に優れた精細な画質画像を実現しています。また、一度に複数枚の画像を撮影、合成してぶれの少ない画像を作る“手持ち夜景”モードも採用しています。

■使いやすさを向上させたデジタル顕微鏡モード
被写体を大きく拡大できる“デジタル顕微鏡モード”で、あらたに記録サイズが選択可能になりました。デジタルズームを併用し拡大率を優先した2M(1920×1080)から、高画素でプリントやトリミング時に効果を発揮する最大12M(16:9)(4608×2592)サイズまで任意に選択ができ、撮影の幅をさらに広げます

第6位 富士フイルム X100 V

■ご好評いただいている基本デザインはそのままに、ボディ天面及び底面にアルミニウムを採用
高い解像力を発揮する高性能レンズや直感的な操作を可能とするチルト式背面液晶モニターやを新たに搭載
■光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)を自由に切り替えられる、世界唯一の「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」を搭載

第7位 ソニー RX100 VII G

新開発のイメージセンサーが実現する圧倒的なスピード性能
■ソニーの最先端技術を惜しみなく搭載した高いAF性能
24-200mmの高倍率ズームと高画質性能を両立
■クリエーターを満足させるプロレベルの動画性能

第8位 ソニー RX100 III

■24-70mm、F1.8-2.8のZEISSバリオ・ゾナーTレンズを開発。広角24mmのワイドな画角をいかしたダイナミックな構図や、テレ端の開放F値2.8による背景ぼけをいかした表現が可能です。
■高解像度と高感度を両立した、大型1.0型の裏面照射型Exmor R(エクスモア アール) CMOSセンサーに加え、圧倒的な高速処理能力を誇る画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)を搭載。
■コンパクトボディに、明るさと見やすさを追求した「OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)」を内蔵。高コントラスト・高精細な有機ELデバイスに加え、新光学設計の接眼レンズを採用することで、すみずみまでクリアに見渡せる視認性を発揮します。

第9位 ニコン COOLPIX P950

迫力の超望遠2000mm相当「光学83倍ズーム&ダイナミックファインズーム166倍」
■どこからでも被写体をダイナミックに捉える超望遠2000mm相当の光学83倍ズームを、持ち歩きサイズのボディーに搭載。
誰もが手軽に楽しめる、光学2000mm相当の超望遠カメラ
超望遠ズーム時にカメラがぶれて被写体を見失った際、クイックバックズームボタンを押すと一時的に見える範囲(画角)が広がり、被写体を捉えやすくなります。
■目を近づけるだけで自動切り換え「アイセンサー付き電子ビューファインダー」

第10位 オリンパス Tough TG-6

いつでもどこでも安心して撮れる高いタフ性能を備えた「Toughシリーズ」最新モデル。
■水深15mの水中撮影も可能な高いタフ性能を備えたボディーにF2.0の明るい高性能ズームレンズを搭載。
さまざまな撮影条件下でいつでも高画質撮影が可能なコンパクトデジタルカメラ。

まとめ

ここまでコンデジの紹介をしてきましたが、簡単に購入を決められるものじゃないですよね。
ただ、「一回は使って試してみたい。それから、購入するかどうか決めたい。」「わざわざ買わなくても、今度旅行に行くときやイベントなどで、ちょっといい写真を撮って記念に残したい」など、さまざまな要望にもレンタルで対応できてしまいます。
ぜひ、本記事を参考にして、お気に入りの一台をレンタルしてみてください。

こちらの記事もオススメです!!↓

【2020年厳選】1年間で一番売れたカメラ10選! デジタル一眼カメラランキング発表!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です