【XMLサイトマップを作成】Google XML Sitemapsの設定・使い方を紹介!

kasuryo

プラグイン「Google XML Sitemaps」の使い方を教えてほしい!

という人のために、この記事では

  1. プラグイン「Google XML Sitemaps」を使ってXMLサイトマップを作成し、
  2. Googleサーチコンソールに送信する方法

を紹介します。

ワードプレスサイトを作ったら初めのうちにやっておきたいのが「サイトマップ」の作成ですよ!

サイトマップは、サイトが検索エンジンに早く登録されやすなりますし、SEOにも効果的です。

検索結果からのアクセスを狙っているなら、ぜひやっておきましょうね!

XMLサイトマップとは何?

サイトマップには

  • HTMLサイトマップ
  • XMLサイトマップ

の2種類あります。以下で違いをサクッと見ていきましょう。

HTMLサイトマップ

サイトマップと聞いて、このような「1つのページにサイトの内容が集約されているもの」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

簡単にまとめると「HTML サイトマップ」とは、ユーザーが記事を探すためのページのことですね。

HTML サイトマップの作成方法はこちら。

初心者でも簡単にHTMLサイトマップが作れる!PS Auto Sitemapの使い方

【手順】初心者でも簡単にHTMLサイトマップが作れる!PS Auto Sitemapの使い方

XMLサイトマップ

HTMLサイトマップに比べて、あまりピンとこないのがこちら。サイト上のページには表示されないファイルとして存在しています。

「XMLサイトマップ」は、クローラー(検索エンジンロボット)が巡回するためのものであり、検索エンジンにサイトの記事を知ってもらうためのモノです。

今回は、こちらの「XMLサイトマップ」を作る手順を紹介しますね!

「XMLサイトマップ」は最初に作成しましょう!

新しく追加された記事はそのままだと、

クローラー(検索エンジンロボット)が巡回→検索エンジンに登録

となるのですが、クローラーが巡回に来てくれるのを待っていると通常は時間がかかります。特に新しく作ったばかりのサイトだと、なかなかクローラーも回ってきてくれません。

しかし、作成したXMLサイトマップを送信することで、クローラーが巡回するページがわかりやすくなります。その結果、検索エンジンに早くインデックスされやすくなります。

そのため、新しくサイトを作ったら、早めにXMLサイトマップを作っておこう!

XMLサイトマップの作成方法と登録方法しましょう!

ワードプレスでのサイトマップの作成手順は以下の流れになります。

  1. プラグインでXMLサイトマップを作成
  2. Google Search Consoleに登録

WordPressでXMLサイトマップを作成し、これをGoogle Search Consoleに送信することでクローラーが巡回してくれるようになりますよ!

Google XML Sitemapsでサイトマップを作成

XMLサイトマップの作成には「Google XML Sitemaps」というプラグインを使います。まずはこちらをインストールしていきます。

WordPressの管理画面から「プラグイン>新規追加」をクリック!

右上の検索ボックスに「Google XML Sitemaps」と入力し、その名前のプラグインが表示されたら「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了したらボタンが「有効化」に変わるので、これをクリック!

サイドバーの「設定」の中に「XML-Sitemap」が表示されるので、クリック!

すると設定ページが開くので順番に見ていきます。

基本的な設定」は全てデフォルトのままでOKです。一応①~⑥にチェックが入っているか確認しておきましょう。

「Additional Pages」もそのままでOKです。手動でサイトマップを追加したい時に、ここからURLを追加します。

投稿の優先順位」は「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れます。

ここでは「クローラーが巡回するページの優先順位」を設定できます。「コメント数」と「優先的に巡回してもらいたいページ」は違うので、「優先順位を自動的に計算しない」を選択しておきます。

「Sitemap コンテンツ」では、サイトマップに含めるページを決めます。基本的には以下の項目にチェックを入れておけばOKです。

  • ホームページ
  • 投稿 (個別記事) を含める
  • 最終更新時刻を含める
  • カテゴリーページを含める

固定ページは「お問い合わせ」や「プライバシーポリシー」などのページで、インデックスされる必要はないのでチェックを外しました。

Excluded Items」はこのままでOKです。

もし固定ページのように、インデックスされたくないカテゴリーがある場合はチェックを入れます。するとサイトマップに含まれなくなります。

Change Frequencies」は画像を目安に指定して下さい。

ここでは「更新頻度」を入力します。インデックスしてほしいページは頻度を上げるのが良いです。しかし説明に書いてある通り「タグの値は絶対的な命令ではなくヒントとみなされます。」とあるので、あくまで目安を伝えることになります。

優先順位の設定 (priority)」も画像を目安に指定して下さい。

こちらもインデックスしてほしいページは頻度を上げるのが良いです。「絶対的な命令ではなくヒントとみなされる」ので、あくまで目安を伝えることになります。

全て入力し終わったら一番下の「設定を更新」を忘れずクリックしましょう。

これでサイトマップの作成が完了です!次はGoogleサーチコンソールに移ります。

Googleサーチコンソールに送信する(新バージョン)

作成したサイトをGoogle Search Console(グーグル サーチコンソール)に送信します。

サイトマップを送信するには、Googleサーチコンソールにサイトを登録している必要があります。

Googleサーチコンソールにアクセスしたら、右上のURL表示で「サイトマップを作成したサイトのURL」を選択します。次にメニューの中の「サイトマップ」をクリックします。

すると「新しいサイトマップの追加」の画面が表示されます。

サイトマップURLの調べ方

WordPressの管理画面から「設定>XML-Sitemap」をクリックします。

するとページの一番上に「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」が表示されます。このスラッシュより後の部分をコピーして貼り付けます。

このように入力して、右の「送信」をクリックすればサイトマップの送信が完了です。

後は勝手にサイトマップを送信してくれるので、特に自分でやることなどはありません。

Google Search Consoleの使い方などについては、少し前のものになりますが、こちらの本など参考になります。↓

以上が「Google XML Sitemaps」を使用したXMLサイトマップの作成方法と、Googleサーチコンソールへの送信方法でした。

【必須プラグイン】初心者でも簡単All in One SEO Packの設定と使い方

【必須プラグイン】WordPress初心者向けにAll in One SEO Packの設定と使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です