【初心者でも簡単】Broken Link Checkerの設定手順・使い方を紹介。

kasuryo

プラグイン「Broken Link Checker」の使い方を教えてほしい!

という人のために、WordPressサイトに入れておくと便利な「Broken Link Checker」の使い方を紹介します。

基本的にはプラグインをインストールして有効化するだけでOKなので、初心者でも簡単に使えます。ぜひ入れておきましょう!

プラグイン「Broken Link Checker」とは何?

「Broken Link Checker」とは、自分のサイトに貼ったURLにリンク切れ(リンク先の記事が削除されたりしたURLなど)があった時に、教えてくれるプラグインです。

リンク切れのURLをそのままにしておくのは、SEO的にも良くないですし、リンク先を読もうとした読者にもガッカリさせてしまいます。

しかしサイトの記事が増えていくと、リンク切れがないか1つ1つ自分でチェックするのは大変ですし、とても手間がかかりますよね。

最初でも説明した通り、難しい設定などしなくても使えるので、ぜひ入れておくのがおすすめです。

Broken Link Checkerのインストールしましょう!

まずはこのプラグインをWordPressにインストールしていきます。

WordPressの管理画面の左メニューから「プラグイン>新規追加」をクリックします。

右上の検索ボックスに「Broken Link Checker」と入力すると、その名前のプラグインが表示されます。(同じ名前のプラグインがあるかもしれませんが、説明文が日本語の方を選んでください。)

今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了するとボタンが「有効化」に変わるので、これをクリックします。

Broken Link Checkerの設定しましょう!

有効化が終わったらプラグイン一覧の画面になるので、Broken Link Checkerの「設定」をクリックします。

設定ページが開きますが、基本はデフォルトのままでOKです。

もし細かい設定をしたい際は、ここから変更できます。変更したら、左下の「変更を保存」を忘れずクリックしましょう。

↑デフォルトだと、リンクエラーがあった時は、このように打ち消し線で表示されるようになっています。すぐに訂正できなくても、読者に無効なリンクだとわかるので助かります。

(リンクエラーのチェックは72時間ごとになっています。)

設定は以上で終わりです!後は、実際にリンクエラーが見つかった時の対処方法を紹介していきます。

リンクエラーの確認方法

デフォルトの設定により、サイト内でリンク切れが見つかった場合は

  • 管理画面のダッシュボード
  • WordPressに登録しているメール

に通知が届きます。

↑ダッシュボードでは、リンクエラーがあるとこのように通知してくれます。これをクリックするとエラーの詳細ページに進めます。

また、サイドバーの「ツール>リンクエラー」からも、リンクエラー詳細ページに進むことができます。

以上がBroken Link Checker使い方でした。

外部リンク(特にアフィリエイトリンクなど)を多く使用する人はぜひ設定しておくのがおすすめです!

こちらの記事もオススメです!!↓

【初心者でも簡単】Contact Form7で問い合わせフォームを設置する方法

【初心者でも簡単】Contact Form7で問い合わせフォームを設置する方法を紹介!


こちらのWordpressの教科書もオススメです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です