【アルコール検知器協議会推奨】アルコールチェッカーのおすすめ人気ランキング8選!義務化に伴い業務用としても紹介!

2022年4月1日よりアルコール検知器による運転の前後でアルコールチェックが必要となります。

そのため、今話題のアルコール検知器協議会が推奨するアルコールチェッカーを厳選して紹介します。

また、特徴や選び方から価格情報やスペック情報を紹介します。業務用からプライベートでの利用に適したものまでさまざまな商品が登場します。

事業形態や使用するシチュエーションに合うアルコールチェッカーを、ぜひ見つけてくださいね。

そもそも、アルコールチェッカーとは

アルコールチェッカーの特徴

「アルコールチェッカー」はその名の通り、呼気中のアルコール濃度を測る装置です。

保持や使用が義務化されている運送業者はもちろん、自動車に乗る人々すべての人に使用がおすすめされています。

冒頭でもお伝えした2022年4月1日の義務化とは、、、

  • 運転前後にチェックすることで、飲酒運転しないよう検知有無を確認すること
  • 酒気帯びの有無について記録し、記録を1年間保存すること

上記のようなチェックを運転前後に行う必要がございます。

アルコールチェッカーのおすすめの選び方

選び方1:外出時にも持ち運びできる【ハンディタイプ】

ハンディタイプのアルコールチェッカーは3㎝×10㎝程の大きさのものが多く、小さく軽いので持ち運びも簡単。

鞄やポケットに入れておけばいつでも使えるので、急に必要になったときにも安心です。

一方で、このタイプのほとんどは
使用回数が決まっている
ので、いざ使いたいときに使用期限が切れている、なんてことが起こらないよう定期的に買い替える必要があります

選び方2:事務所で使用できるような据え置きタイプ

据え置きタイプは多くの従業員が務めている企業などにオススメです。(一人一人にアルコールチェッカーを持たせられない)

定期的なセンサー交換をするだけで本体は長く使えるので、ハンディタイプより経済的です

また、PCに直接つないでデータの記録ができるタイプも多いので、
多くのデータを記録する際には重宝します
。ただ、据え置きを想定して作られているので、持ち運びは不便です。

選び方3:アルコール検知器協議会推奨しているもの

アルコール検知器協議会で推奨機は多くの機種があります。認定制度および認定機器(外部検定) (j-bac.org)

また、推奨機には持ち運びタイプや据え置きタイプの2種類がありますので選択が可能でございます。

企業様や多くの従業員で使用したい方には特に認定しているものが良いかと思います。

アルコールチェッカー のおすすめ人気比較ランキング

第8位 アルブロ FC-1000/1000Dル

遠隔管理端末としても使用できる3WAYタイプ

設置型・単独型・携帯型の3WAYモデルです。管理ソフトやスマートフォン・タブレットと合わせて使用すれば、

外出先からの遠隔測定の携帯型としても活用できるのが特徴。業務形態の変化にもフレキシブルに対応できます。

第7位 FT-001/i-Checker

停電回復機能で突然の電源切れにも対応

携行記録式の業務用アルコールチェッカーです。標準仕様の管理ソフトが付属されており、SDカードを用いてデータ管理が可能です。

測定結果をPCで閲覧・プリントアウトが可能であり、アルコールチェッカーi-Checker専用の標準タイプ管理ソフト付。

また、他の運行管理ソフトとの併用可能!

第6位 JVCケンウッド「CAX-AD100」

高感度・高品質センサーで測定精度が向上

ケンウッドブランドより、いつでも、どこでも、呼気中のアルコール濃度を簡単・手軽に、高精度にセルフチェックできるハンディタイプのアルコール検知器をご提案します。
飲酒・残酒による交通事故削減・撲滅に向け、
ハンドルを握る前に、アルコール濃度をセルフチェックする新しい習慣をご提案します。

第5位 アルブロFC-1000

遠隔管理端末としても使用できる3WAYタイプ

測定の少ないユーザーに最適なシンプルモデルです。『レンタルシステム』により、点検や支払の煩わしい管理を簡略化、さらに低コストを実現しました。高精度・高品質なアルコール検知器を手軽に導入することができます。

第4位 ソシアック・アルファーネクスト SC-403

業界初の「ハイブリッドセンサー」

業界初の「ハイブリッドセンサー」を採用したハイグレードなパーソナルタイプです。

アルコールガス感度が飛躍的に向上(当社比)した他、充電電池も使用可能な省電力設計。吹きつけ方法も「直接」「マウスピース」「ストロー」を選択でき、さらに測定結果を15件まで保存可能です。

第3位 ソシアックSC-103

業務用アルコール検知器のスタンダードモデル

スタンダードな自己管理型パーソナルタイプです。シンプルで使いやすく、SOCIACシリーズは業務用アルコール検知器として、法令に的確に対応し、多くの協会・官公庁・企業様でご採用いただいております。

第2位 タニタ「HC-211」

電源ボタンを押して息を吹きかけるだけ!高精度アルコールチェッカー

操作方法はとても簡単。「Power」ボタンを押して2~3秒息を吹きかけるだけで終了です。正面の液晶はバックライト機能で夜でも見やすくなっています。20秒で自動的に電源がOFFになるので、省電力な装置。また、0.005単位で数値が表示されるので、細かい数値を知りたい方にはおすすめです。

第1位 アルコールチェッカーEA-100-NV

飲酒エチケットをチェックできる

センサーキャップを持ち上げて電源ON、
息を吹きかけるだけで簡単に呼気アルコール濃度を確認できます。
携帯に便利で、ワイシャツの胸ポケットにもすっきり収まるサイズです。

アルコールチェッカーのおすすめまとめ

ここまで「アルコールチェッカーの人気おすすめランキング8選」を紹介しました。高性能で値段が安いというだけでなく、持ち運び型・据え置き型といったように、様々なキーワードに沿って紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

2022年4月より義務化されるアルコールチェッカー、今後幅広く活用されると思いますので、

ぜひ口コミやランキングを参考に、目的に合ったタイプを選んでください。

自身の業務内容や従業員規模などの、価格や設置場所を確認して、お気に入りのアルコールチェッカーを見つけてください。

こちらの記事もオススメ↓

【まとめ】筋トレ(大胸筋)に効果的、パワーラックのおすすめ8選!選び方も合わせて紹介!

筋膜リリースできる、マッサージガン人気おすすめ8選と選び方も合わせて紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です