【まとめ】家に置けるエアロバイクの人気おすすめランキング6選!!瘦せたたいなら見ろ!

気が付けば運動不足、気が付けば太ってしまったと、気づいた時にはもう遅かったというようなケースに身に覚えがある方も多いのではないでしょうか。もちろん気づいた時点でジムに通うのもおすすめなのですが、ご自宅でも解消する方法はあります。

運動不足解消やダイエットに役立つ家庭用のエアロバイク。有酸素運動ができて、楽しく運動できる便利な機能を搭載したものまで、各メーカーから様々なモデルが販売されています。

今回は、フィットネストレーナーからもオススメされている、エアロバイクの選び方とおすすめ商品を6選紹介しますね。

kasuryo

では、エアロバイクを紹介していきますね!

エアロバイクの選び方

目的に合わせて選ぶ

負荷が軽めのものは運動始めたばかりの方は、おすすめですね。

背もたれが付いていて、椅子に座った感覚で使用ができる「リカンベントタイプ」は、楽な姿勢で漕げるので、ストレス解消したい方や怪我からのリハビリで使用される方にも役立つことでしょう。

前傾姿勢で漕ぐ「スピンバイクタイプ」は、負荷を大きくかけられるものが多く、高強度な運動やアスリートなどのトレーニング向きです。

付加価値で選ぼう

家庭での使用や複数人で使用する場合は、サドルやハンドルの調整ができるものを選ぶといいでしょう。限られたスペースで使用するなら、場所を取らずに折りたためるかどうか、運動時の摩擦音のボリュームはどうかなども選ぶ際には重要です。

他にも、スマートフォンとの連動ができれば、距離や時間の計測・脈拍機能・消費カロリーなどが見える化するため、モチベーションを維持することができるでしょう。

負荷方式で選ぼう

「ベルト負荷方式」は、コストも安価で家庭用タイプとして販売されています。負荷が軽めのものが多いため初心者向きといえるでしょう。「マグネット負荷方式」は摩擦がなく音が静かで、より強い負荷をかけられるため、運動効果をより求めたい方向きです。

フィットネスクラブでよく見られる「電磁負荷方式」は、電圧によって負荷の大きさを変える仕組みになっています。持久力アップや筋力アップなど、運動量を多くしてカロリー消費量を増やしたい方向きといえるでしょう。

エアロバイクの人気メーカーをチェック

エアロバイクを選ぶ際は、人気のメーカーのものを選ぶのも1つの方法です。デザインや機能性など、それぞれのメーカーの特徴をご紹介しますので、参考にしてみてください。

コスパのいいものを選びたいなら「アルインコ」がおすすめ

 

アルインコは、フィットネスマシンやマッサージ機器などの健康器具を扱うメーカーです。アルインコのエアロバイクは低価格のモデルが多く、初心者向けから本格的なトレーニング向けまで幅広く取り揃えています。

なかでもコンフォートバイクシリーズは、リーズナブルな価格ながら機能性も充実しており、コストパフォーマンスの高いエアロバイクとして人気が高いです。

ジムのようなトレーニングをしたいなら「コナミ」がおすすめ

https://m.media-amazon.com/images/I/41-QO4ke0UL.jpg

コナミはゲームソフトやアミューズメント機器の販売とスポーツクラブの運営を行うメーカーです。「エアロバイク」はコナミスポーツ株式会社の商標登録です。

日本人の体格や骨格に合わせて設計された高性能なエアロバイクが揃っており、ジムのような本格的なトレーニングに取り組みたい方におすすめです。

注目のFit Boxシリーズが欲しいなら「AINEXT」がおすすめ

https://m.media-amazon.com/images/I/415TtuYMyyL.jpg

 

AINEXTは、スリープ・オーディオ・フィットネスのジャンルで事業を展開する日本のメーカーです。おしゃれなデザインと高い静音性が人気のFITBOXシリーズは理想的な自宅トレを実現する第3世代のフィットネスバイクとして幅広い年代の方に愛用されています。

エアロバイクの人気おすすめランキング6選

第6位 フィットネスバイク ST102

ながら運動に最適

タブレットホルダーがあるのでテレビやスマホを見ながら運動ができるエアロバイク。負荷が8段階あり、目的に応じて負荷を使い分けできます。コンパクトで収納しやすい折りたたみタイプで置き場所にも困りません。

タイプ Xタイプ 負荷の種類 マグネット式
サドルの高さ調節 サドルの前後調節 不可
サイズ 110×41×67cm 連続使用時間 制限なし
モニター機能 心拍数計測

第5位 AFB4518

ズバリ、何かをしながら楽に運動効果を得たい方にはこれ!

本やスマホ・パソコンを置ける広めのテーブル付きのエアロバイク。テーブルにはボトルホルダーやタブレット収納スペースも搭載しており、使い勝手がいいです。8段階で負荷調節が可能なので、高齢者のリハビリや軽めの運動も無理なく行えます。

タイプ Xタイプ 負荷の種類 マグネット式
サドルの高さ調節 サドルの前後調節 不可
サイズ 58×112×124cm 連続使用時間 30分
モニター機能 心拍数計測/走行距離測定/カロリー計測/時間計測

第4位 AF6200

ズバリ、軽めの運動で汗をかきたい方にはこれ!

操作がシンプルで初心者でも使いやすいエアロバイク。大型液晶画面に心拍数や体力評価が表示され、運動効率を考えながらしっかりトレーニングできます。

 

ペダルの負荷調節とサドルとハンドルの角度調節も簡単にでき、負荷のかかり方が滑らかなので、高齢者のリハビリやダイエットなどの軽い運動におすすめです。

タイプ アップライト 負荷の種類 マグネット式
サドルの高さ調節 サドルの前後調節 不可
サイズ 51.5×81×124cm 連続使用時間 30分
モニター機能 心拍数計測/走行距離測定/カロリー計測/時間計測

第3位 HG-YX-5006

ズバリ、ロードバイクと同じ感覚の負荷をかけたい方にはこれ!

摩擦負荷システムによりロードバイクのような負荷でトレーニングできるエアロバイク。負荷調整が無段階なので、本格的なトレーニングを行いたい方はもちろん高齢者のリハビリにもおすすめです。

 

時間・速度・カロリー・距離が一目でわかるメーターも搭載しています。

タイプ スピンバイク 負荷の種類 摩擦式
サドルの高さ調節 サドルの前後調節
サイズ 80×65×99~110cm 連続使用時間 30分以上
モニター機能 心拍数計測/走行距離測定/カロリー計測/時間計測

第2位 AFB4309WX

ズバリ、1台で幅広いトレーニングをしたい方にはこれ!

目的に合わせて運動スタイルを変更できるエアロバイクです。操作が簡単なパネルで心拍数や消費カロリーの測定ができ、トレーニング初心者の方でも手軽に使えます。付属しているエクササイズバンドを使えば、上半身の運動も同時に行えます。

 

コンパクトに折りたたみでき、移動に便利なキャスターもついているので女性でも簡単に持ち運びできます。

タイプ Xタイプ 負荷の種類 8段階
サドルの高さ調節 マグネット式 サドルの前後調節
サイズ 53.5×117×100cm 連続使用時間 30分
モニター機能 心拍数計測/走行距離測定/カロリー計測/時間計測

第1位 FITBOX LITE スピンバイク

ズバリ、自宅で本格的なトレーニングをしたい方にはこれ!

ロードバイクのように自然な前傾姿勢でトレーニングができるエアロバイク。腰回りの負担を軽減できるのが魅力です。負荷は8段階に調節でき、さらに連続使用時間が90分と長めなのでジム同様のハードトレーニングに取り組みたい方にもおすすめです。

 

さらに、心拍数測定やカロリー測定などができるモニターがついています。スマホも置けるので、スマホを見ながらトレーニングを楽しめます。

タイプ スピンバイク 負荷の種類 マグネット式
サドルの高さ調節 サドルの前後調節
サイズ 93×43×107cm 連続使用時間 90分
モニター機能

エアロバイクで自宅トレを楽しもう!

エアロバイクはダイエットや運動不足対策に役立つアイテムです。本格的なトレーニングができるものや静音性が高いものなど、さまざまな商品がラインナップされているので、今回の記事を参考に、自分の目的や用途に合ったエアロバイクを選んでみてください。

【まとめ】評判の良い、インクラインベンチのおすすめ人気ランキング8選!!

【まとめ】評判の良い、インクラインベンチのおすすめ人気ランキング8選!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です